注目の記事 PICK UP!

そんな夜更けにバナナかよ「生きるとは?」を問う

以前から気になっていた映画
「こんな夜更けにバナナかよ」を観て参りました。
映画版PVはこちらから

元ケアマネでしたので様々な疾病の方と関わって参りました。
だからなんとなく想像はついておりましたが
やっぱり胸がツキン・・・

鹿野靖明氏の生きざまを通して
再び「生きるとは?」を考えるきっかけをいただきました。

人って、明日がくるのが当たり前のような感覚を持って生きています。
その証拠に「夢はなんですか?」と質問すると
「いつか〇〇したい」「そのうちできたらいい」ということばが出てくる(笑)

でも、自分の命の期限を知っている人は決して「いつか」という言葉が使わないと思うのです。
明日は今日と同じように生きているとは限らないから。。。
だから毎日毎日が勝負。

彼が生きていた1952年~2002年の状況では、筋ジストロフィーという病は、
一生親の世話になるか、施設で生活するかのどちらかしかありませんでした。
ですが彼が選んだのはそのどちらでもない自立生活。
その生活には24時間ボランティアが欠かせない。

もう凄すぎる選択です。
そのボランティアと彼は対等。
彼がボランティアのことをファミリーと呼ぶゆえんはそこにあります。

彼はどんな病や障がいがあっても「人生最期の瞬間まで自分らしく生きる」
ということをあきらめなかった人。
私の活動のビジョンと重なります。

夢や目標がないという人は少なくありません。
でも、命に期限があったのなら。。。。
本当にやりたいことが明確になるのではないのかな?
と思うのです。

ちなみに撮影で使われた彼のお部屋は偶然にも本人が当時住んでいた
札幌の「山の手団地1号棟」は実際に暮らしていた場所とのこと。
これは偶然ではなく必然的に空いていたとしか思えません。。。

そして彼の主治医のお話はこちらから

夢や目標がないという方にぜひ見ていただきたい映画です。

***************************************

■ご訪問ありがとうございます!
ぜひ無料プレゼントを受取ってください。
愛され脳で幸せの感度を高める7つのステップ♡

■お友達になってください!
リーディング伝筆ポストカードプレゼント
LINE@

■毎月のイベントや講座のお知らせは
2019年2月イベント&講座
2019年3月イベント&講座

********************************

■ 介護企業研修メニュー
http://ayumi-tanimoto.com/?page_id=1018

■ 愛のといかけカード®使い手養成講座
http://ayumi-tanimoto.com/?page_id=1031

■ 魔法の質問各種養成講座
http://ayumi-tanimoto.com/?page_id=1036

■ 伝筆(つてふで)コミュニケーション講座
http://ayumi-tanimoto.com/?page_id=1038

関連記事

  1. 日本縦断5円ヘルパー

  2. 沖縄しつもんカンファレンス登壇いたしました!

  3. 大谷翔平君に学ぶ愛される理由

  4. 営業マンに伝筆研修

  5. 高齢化社会の見方を変えよう!

  6. 望むモノや状態を手にいれる方法

  7. アクシデントからの復活劇

  8. 愛しくて

【オンラインサロン】ナチュラルにメンタルアップ夜8時のジャンヌ

谷本あゆみLINE@

書籍

出版社社長 推薦の声

メディア掲載実績

スピーカー登壇

フェイスブックページ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP